あなたの便秘のタイプは?特徴から見る便秘の種類

お腹が張って硬くコロコロした便-弛緩性便秘-

便秘茶口コミ人気

昔からよく見られる便秘の代表格が弛緩性便秘です。これは排便能力が低下したことでうまく便を直腸から押し出すことができなくなってしまったことで起こるものです。

 

このタイプの便秘が厄介なのはもともとの原因に別の原因が重なることでどんどん排便しにくい状態になってしまうことです。

 

とくに多いのが腸のぜん動運動の低下によってうまく排便できなくなった結果便が腸内に滞留し、水分が失われてカチカチになってしまうことでますます出にくくなってしまうパターンです。

 

その結果一生懸命いきんでようやく便を出すことができても硬くコロコロした小さなものがちょっと出てくるだけ、といった状況になってしまうのです。

 

また便秘の影響で腸内に便が滞留すると悪玉菌がそれを分解しはじめます。その結果腐敗ガスや有害物質が作られるようになり、ガスの影響でお腹が張る、有害物質が腸から血液へと溶け込むことで全身をめぐって肌荒れや体臭・口臭といった悩みの原因を作ってしまいます

 

しかも腸が滞留していればその分悪玉菌が優位になり、ますます腸内環境が悪化してしまう面もあります。

 

ですからこうした悪循環を生み出さないためにもまず腸のぜん動運動を低下させず、低下している場合には改善する工夫が必要です。そのためにもぜん動運動が低下する理由を知った上で排除していきましょう。

 

便秘茶口コミ人気

食生活では食物繊維が少なく、動物性脂肪が多いと低下しやすくなります。現代人は肉の比重が多く野菜が少なめの食生活を送っているとよく言われますから、自分が腸の働きを弱めるような食生活を送っていないか見直してみましょう。

 

また女性が注意したい点では水分不足も挙げられます。水分が不足すると腸への刺激が少なくなってぜん動運動が低下するほか、便の水分も不足して硬くコロコロした状態になってしまいます。あとはストレスや運動不足といった生活習慣にも気をつけましょう。

 

もうひとつ、排便のためにいきむ際には筋力を使います。そのため高齢者や女性は筋力不足のために排便がうまくできず弛緩性便秘になりやすいといいます。出産を何度か経験した女性もなりやすいので要注意です。

 

弛緩性便秘はとくに腸や体の器官に異常が生じたものではなく一時的に腸の働きが低下するこどて起こるもの、そのためそれほど深刻ではないともいえます。ただ生活習慣が原因で起こるだけに再発や慢性化もしやすく、日々の生活の中でいかにうまく予防・改善していくことができるかが問われます。

便秘茶口コミ人気ランキング

便秘と下痢を交互に繰り返す-痙攣性便秘-

便秘茶口コミ人気

痙攣性便秘はここ数年の間に急速に注目を集めるようになっている便秘の種類です。「過剰性腸症候群」という名称で呼ばれることも多く、現代社会ではこのタイプの便秘に悩まされるケースが増えているのです。

 

この便秘の特徴はずっと排便ができないのではなく、便秘が数日間続いた後に急に下痢になるというパターンを繰り返す点です。便がたまらなくてよいじゃないか、と思う方も多いかもしれませんが、これを繰り返すとなると心身にかなりのストレスが溜まります。

 

でないときはまったく便が出ずに腹痛やお腹のハリに悩まされたと思うや急に便意を催して下痢状態がしばらく続く。両方の苦しみを何度も何度も繰り返さなければならないのです。

 

どうしてこのような症状が起こるのか?現代になって症例が増えているのか?残念ながら現在でもはっきりとした原因・メカニズムは解明されていません。ただストレスとの関係が指摘されており、ストレスを蓄積させる生活を続けていると自律神経が乱れ、それが腸の働きに影響を及ぼすのでは、と考えられています。

 

自律神経は交感神経と副交感神経がバランスをとることで正常な状態が維持されているのですが、この自律神経は腸内環境と免疫力と非常に深いかかわりがあります。一方が優位な状態になると腸の働きが低下し、逆にもう一方が優位になると腸の働きが活発化します。

 

便秘茶口コミ人気

たとえばストレスを感じて緊張や不安を抱えた状態が続くと交感神経が優位になりまずか、それが腸の働きを低下させて便秘の原因となるのです。

 

ここまではストレスがもたらす便秘と同じですが、自律神経が不安定な状態になっていると交感神経が優位な状況から急にバランスが変化して副交感神経が優位になることがあります。

 

その結果これまで停滞していた腸の働きが過剰気味なくらい活発になり、今度は下痢になってしまうのです。

 

こうした事情があるためなかなか対策が難しく、ストレス解消や食生活の改善くらいしか有効な対策が見いだせないことも多いのです。医療機関でこの痙攣性便秘の治療を行っているところもありますが、まだ根本から改善できる薬や治療法はない状況です。

 

それだけに日ごろから自律神経のバランスを整えるよう心がける、ストレスを溜め込まないよう心身のリラックスとストレス解消に努めるといった予防がポイントとなるでしょう。また女性は更年期に見られる自律神経の乱れが原因で発症することもあるので注意しましょう

 

医療機関で治療を受ける場合には薬物療法だけでなく心理面の治療や対策もできる環境を意識して病院選びを行うとよいかもしれません。

 

便意をあまり感じない-直腸性便秘-

便秘茶口コミ人気

食事性便秘と並んで現代社会ならではの便秘ともいえるのが直腸性便秘です。これは簡単に言えば「便意を感じない」ことによって生じるもので、腸の活動の低下や異常だけでは片付けられない難しい問題がかかわっています。

 

本来摂取された食事は消化・吸収された後に余分な分が便になります。その便が腸を通過して直腸まで達した段階で便意が催され、トイレに駆け込んで排便するわけです。

 

通常便秘とは腸内環境が悪化することで便が直腸にまで達しない、あるいは達しても便が固くて出せないといった症状に見舞われてしまった状態を言います。

 

腸はぜん動運動と呼ばれる収縮する動きによって便を直腸へと運んでいきます。しかし何らかの原因でこの働きが低下するとうまく便が運ばれなくなってしまいそのまま滞留することになります。

 

悪玉菌の増加、ストレス、運動不足などさまざまな原因が挙げられますが、要は腸内環境を改善してこのぜん動運動を活性化させればよいわけです。

 

ところがこの直腸性便秘では便がちゃんと腸にまで運ばれているにもかかわらず便意を感じないために排便ができない状態なのです。

 

便秘茶口コミ人気

経験したことがない方には理解しがたい感覚かもしれませんが、これは排便できる状態になったにもかかわらず「排便できますよ」という情報が脳にまで伝わらないことで生じると考えられています。脳が排便できる状態を理解できてない、といったところでしょうか。

 

どうしてこのような状態が起こるのか?とくに脳の異常というわけではなく、日常生活が引き金になってこの状態が起こると考えられています。

 

とくに多いのが便意を我慢するケース。冒頭で現代社会ならではと書いたのも学校や職場で排便するのが恥ずかしいとった事情があるからです。

 

大人になるとあまり気にならなくなるものですが、学生時代、あるいは社会に出ても若い女性はなかなか外出先や人と会っているときに排便をすることができず、ついつい我慢してしまいがち。何度も便意を我慢しているとやがてその情報が脳にまで伝わらなくなってこの直腸性便秘が起こると考えられています

 

もうひとつはこれも現代ならではですが浣腸の乱用。腸の自然な働きによって便意が生じるのではなく、浣腸の効果で半ば強引に排便する環境を続けることで便意が脳に伝わらなくなってしまうと考えられているのです。

 

すぐに便秘が解消されるからといって安易に浣腸を使い続けているとかえって便秘が悪化してしまう、このリスクも頭に入れておきたいところです。

 

10代・20代の女性に多い-食事性便秘-

便秘茶口コミ人気

10代・20代の女性に多くみられるのが食事性便秘です。おそらく30〜40年くらい前までは滅多に見られなかったもので、まさに現代社会が生み出した新しい便秘のタイプともいえるでしょう。

 

食事性便秘という名前からして食事が原因であることがうかがえるわけですが、直接の原因にはいくつかのパターンがあります。

 

食事の影響で腸の働きが低下してしまう点では共通しているものの、どんな食生活を送っているのか、どんなものを食べているか、逆に食べていないのかによってパターンが異なってくるのです。

 

まず食べすぎのパターン。とくに糖分・油分が多めの食事ばかりを摂取していることで消化不良を起こしたり、腸内の悪玉菌を増やしてしまうことで環境を悪化させてしまったりすることで生じます

 

現代人はとくに脂っこいものや動物性脂肪の摂取量が多いので要注意。また本人は自覚していなくても外食やインスタント食品、ジャンクフードが多い食生活を送っていると知らず知らずのうちに食事性便秘の原因を作ってしまうこともあります。

 

ただ現代では食べすぎよりも逆のパターン、必要な食事・成分が不足していることで便秘になってしまうケースが増えています。10代・20代の女性に多いのも美容への過剰な意識や体型への強迫観念から無理なダイエットをしてしまい、栄養不足に陥ってしまうからです。

 

便秘茶口コミ人気

このパターンでもっとも多いのが食物繊維の不足です。野菜が不足する生活を続けていると腸の働きが低下するだけでなく、便の水分が不足して固くなってしまいます。

 

食物繊維は水分を吸収して溜め込む働きがあるためです。腸の働きの低下で思うように排便できなくなっている状態に固くて詰まりやすい便の状態が加わると便秘になってしまいます。

 

便が固くなる点では水分不足も大きな問題です。現代の女性は全般的に水分不足といわれています。

 

「水分は太る」とのイメージから控えている人も多いですし、あまり運動もせず、空調が効いた環境で過ごしているので汗もあまりかかない点も不足する理由です。

 

成人になると1日2リットルくらいの水分摂取が必要ですから、便がつまりがちな方は積極的に水分を摂取するようにしましょう。もちろん、ペットボトル飲料に頼るような摂取方法は厳禁です。

 

あとは極端な食事制限によってそもそも便が作られない状況になってしまうのも原因のひとつ、これが続くと便秘が慢性化してしまうこともあるので気をつけましょう。ダイエットはあくまで健康的に行ってこそ、です。肌荒れなどの腸が原因のトラブルを防ぐためにも食生活の見直しを行ってみましょう。

便秘茶口コミ人気ランキング

口コミ評価で選んだ便秘茶ベスト3

桃花スリム

便秘茶口コミ人気


飲んだ翌日にスッキリ感!ポッコリが気なったらまず最初に試したい便秘茶
4,286円/定期初回980円・税込

公式HPで詳しく見てみる!


モリモリスリム

便秘茶口コミ人気

1億2600万包突破!圧倒的な口コミ数と人気を誇る日本一売れている便秘茶
お試し5日分380円税込・送料無料

公式HPでさらに詳しく見てみる!


デルモッティ

便秘茶口コミ人気


22種類のハーブと乳酸菌の相乗効果!自然に溜め込み体質の改善を目指すお茶
3,400円/定期初回1,700円・税別

公式HPでさらに詳しく見てみる!